Skip to main content

MMS-JAPAN

MMSで途上国の不衛生な水の殺菌指導とマラリアの撲滅を行い              早期に世界の飢餓・貧困を終わらせる活動

table of contents
ホーム
プロジェクトグループ
マラリア治療ビデオ
第3回マラリア撲滅活動/in Nigeria
使用方法
質問と回答
MMS2
関連ニュース
リンク集
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
無償でMMSを配布いたします!
MMS-Jelly
今後の計画
ご協力をお願いいたします
第4回マラリア撲滅活動/in Maesot
Emergency Ebola MMS activ
artemisinin
第7回活動報告/MAESOT
ご支援を感謝いたします
The 8th activity report S
シエラレオネATMの使い方
管理
9th eradication of malari
はじめまして。
 
私は途上国の不衛生な水の殺菌指導とマラリアを早期に撲滅する活動を行っています MMS-JAPAN の石井睦郎と申します。
 
現在 マラリアの多い国や地域で この活動にご協力していただける方々を求めています。
 
不衛生な水の殺菌とMMS療法というマラリアに対して安全で副作用もなく しかも数時間から1日でマラリアを陰性に戻してしまう画期的な民間療法を世界に広めるため無償でこの活動を行っています。 
 
MMSの二酸化塩素はヨーロッパでは水道水の消毒・殺菌に使用されていますが 偶然の発見により マラリアの治療に関してはこれまでのマラリア薬のように どのタイプのマラリアなのか検査する必要もなくマラリア薬を選ぶ必要もなく また薬剤耐性を持つマラリアに対しても同じような効果があります。 これまでのマラリア薬のように3日以上も飲む必要がなく コップに注いだMMSを1~2杯飲むだけでマラリアは治療されます。マラリア薬は副作用が強く マラリアが多発している地域ではマラリアを治療しても感染を繰り返すことから臓器への負担は大きくなりますが MMSは毎日使用しても副作用や害はありません。 
 
私は世界の飢餓貧困を終わらせるためのNGOでボランティアを行っていた時に この情報を2008年の5月に知り 個人で調査と実際の治療活動を通して このMMSマラリア療法が明らかに効果があると判りました。
 
 
インドでは病院の協力を得て 意識のない重症のマラリア患者にMMSを与えましたら30分という時間で自ら起き上がり家族と笑顔で語り始めた記録ビデオもあります。 
インドでは150名ほどの治療を行いました。
 
 
ナイジェリアのアブジャでは血液検査を顕微鏡で行い 24時間以内に95%以上の方がマラリア陰性に戻り 残りの人も2日後には陰性に戻りました。
ナイジェリアでは200名以上の治療を行いました。
 
 
アフリカでは このMMS療法がマラリアに効果があるとのことで 民間・草の根で広まりつつあります。
 
MMSは非常に単純な民間療法ですので 誰にでもすぐに製造し使用することができます。 MMSは水の浄化剤であります亜塩素酸ナトリウムから生成される二酸化塩素を安全に体内に取り込みマラリアなどの寄生虫を殺菌するもので 偶然により この療法が発見されました。 
この発見をしたアメリカのジム・ハンブル氏は その後MMSがマラリア以外の病気にも効果があると判り世界に発信したために現在では100万人以上の方が世界中で使用しているそうですが 私は この療法をマラリアに絞って活動を行っています。
 
MMSに関してはインターネットで検索していただきますと多くの情報が得られます。
 
私は この民間療法をマラリアの多い国や地域の方々に製造から使用方法までを無償で教える活動を行い 1日も早くにマラリアが世界から無くなることを願い活動をしていますが MMSをビジネスとして考えておられる方々にもアドバイスをしています。 それは私個人の力では世界のマラリアを撲滅することは非常に困難ですので ビジネスとしてMMSの普及活動が行われてもマラリアが早期に撲滅でき不衛生な水で苦しむ人たちが救えるのであれば ご協力したいとの考えからで 報酬は求めていません。 フェイスブックにもこの活動のグループを作りましたので そちらもご覧ください MMSもこれまでどおりに無償で提供しています。
 
 
MMSはジュースとして販売されることでも その流通経路を利用して 山奥や村の奥地にまで隅々と運搬されることもあり マラリアが発症した方々にとっては安価ですぐに治療が行えるジュースとして使用されることで 途上国の圧倒的な医師や病院施設の不足を補うことが可能ですので インドとナイジェリアでも ビジネスとして考えておられる方々の協力も得て マラリアの治療活動の準備が整えられ マラリアに対するMMSの効果の検証も行えました。 私の活動にとっても とても助けられています。 このようなことからNGOや活動団体以外に企業の方々にも ご協力を求めています。  
 
 
現在 MMSが民間で広まるように 現地の協力の得られるところを探しています。 
 
決まり次第 すぐに出発が出来る状態にあります。  
 
どうかご協力を よろしくお願いいたします。
 
 
MMS-JAPAN 石井 睦郎
 
〒334-0013 埼玉県川口市南鳩ヶ谷5-34-10-305
 
電話:携帯 090-9853-3063
 
メールアドレス nqi48953@nifty.com