Skip to main content

MMS-JAPAN

MMSで世界からマラリアを早期に撲滅し 安全な水への殺菌を行い 飢餓貧困を終わらせるプロジェクト・グループの情報サイトです

table of contents
ホーム
プロジェクトグループ
マラリア治療ビデオ
第3回マラリア撲滅活動/in Nigeria
使用方法
質問と回答
MMS2
関連ニュース
リンク集
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
無償でMMSを配布いたします!
MMS-Jelly
今後の計画
ご協力をお願いいたします
第4回マラリア撲滅活動/in Maesot
Emergency Ebola MMS activ
artemisinin
第7回活動報告/MAESOT
ご支援を感謝いたします
The 8th activity report S
シエラレオネATMの使い方
            The 6th activity report / West Africa · Republic of Ghana
                            第6回活動報告 / 西アフリカ・ガーナ共和国
 
Activity period: June 20 - July 5, 2016
活動期間:2016年6月20日~7月5日

Location of activity: Republic of Ghana Accra district / Kasoa district
活動地:ガーナ共和国 アクラ地区 / カソア地区
 
Activity contents: Guidance for disinfection of drinking water / Resident's malaria inspection / Due to CDT (Chlorine Dioxide Treatment )
Guidance on treatment and prevention of malaria by CDT( Chlorine dioxide treatment .)

活動内容:飲料水の殺菌指導 / 住民のマラリア検査 / CDT( Chlorine dioxide treatment  二酸化塩素治療)によるマラリア治療と予防の指導
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
I am currently translating English with a translation machine
Please forgive us for strange words
I am seeking cooperation from those who understand English
I want you to translate it into English sentences

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

This Activities in Ghana is Prevention of malaria by CDT (Chlorine Dioxide Treatment Chlorine Dioxide Therapy) Not only guidance of folk remedies but also placed emphasis on easy and safe guidance for disinfection of drinking water.
Even with a used cheap microscope, you can see malaria parasites.
Since malaria parasites can be observed, we also collected inspection data.

今回のガーナでの活動は これまでの CDT( Chlorine dioxide treatment  二酸化塩素療法 )によるマラリアの予防と民間療法の指導だけではなく 飲料水の簡単で安全な殺菌指導にも重点を置きました。また小学校の授業で使用する程度の顕微鏡と応用で マラリア原虫が観察できるので検査データーの収集も行ないました。(写真の顕微鏡は中古で3000円のものです)Activities in Ghana this time Prevention of malaria by CDT (Chlorine Dioxide Treatment Chlorine Dioxide Therapy) Not only guidance of folk remedies
We also placed emphasis on easy and safe guidance for disinfection of drinking water.In addition to microscope and application to use in elementary school class
Since malaria parasites can be observed, we also collected inspection data.
(The microscope of the photograph is second-hand goods 3000 yen)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
Over 3.2 billion people in the world
It is in danger of malaria
3 million people per year
One person died of malaria in 10 seconds.
It is said that symptoms of malaria are accompanied by pain several times as much as influenza
Especially children under 5 years old, elderly people, people without physical strength died.
Also due to unsanitary water
One in 10 seconds
Dysentery, typhus, diarrhea etc.
Especially one in five children under the age of five died in developing countries.
世界では32億人以上の人たちがマラリアの危険にさらされており 年間300万人 10秒に1人 マラリアで亡くなっています。 マラリアの症状はインフルエンザの数倍の苦痛を伴うとも言われ 特に5歳未満の子供や高齢者・体力のない方々が亡くなっています。また不衛生な水が原因で10数秒に1人が赤痢やチフス・下痢などで 特に5歳未満の子供の5人に1人が途上国では亡くなっています。
 
Guidance for disinfection of water 
水の殺菌指導
 
First, filtrate unsanitary water of wells and rivers with plastic bottles and disposable masks.
Then sterilize with chlorine dioxide.
Perform the following process to increase the bactericidal effect of chlorine dioxide.
Large microorganisms and pathogenic bacteria are difficult to sterilize.
Disposable mask filters are suitable.
First prepare 2 plastic bottles.
Cut one on the mouth side.
The other cuts the bottom.
Filter the water across the disposable mask there.
If water contains a lot of garbage
After filtration with a cloth
Filter through a mask.
 
An unsanitary well or river water
To increase the bactericidal effect of chlorine dioxide
It is easy to obtain even in developing countries [PET bottle] and [disposable mask]
Filter and sterilize with chlorine dioxide.
To increase the bactericidal effect of chlorine dioxide
Prepare two bottles of PET
One piece is cut at the mouth side and the other side is cut at the bottom side
In the meantime, purify and filter the water with a disposable mask in between.
 井戸や川などから汲んだ水を 二酸化塩素の殺菌効果が高まるように 途上国でも入手しやすい [ ペットボトル ] と [ 使い捨てマスク ] で ろ過をして二酸化塩素で殺菌します。二酸化塩素の殺菌効果が高まるように ペットボトルは2本用意して1本は口側 もう1本は底側を切り取り その間に使い捨てマスクを挟んで水を浄化・ろ過します。
 
 
 
 
 
Place the filtered water in a regular plastic bottle,
  For 2 liters of water, add 10 drops each of 30% sodium chlorite solution and 50% citric acid solution to produce chlorine dioxide (each about 0.7 grams) in a dry glass or plastic cup And wait 30 to 60 seconds.
  When the color of the solution changes from dark yellow to orange, mix it in the water of the filtered PET bottle and drink 30 minutes later.
(It is because sterilization is completed in 30 minutes)
 
Place the filtered water in a regular PET bottle
For 2 liters of water
30% sodium chlorite solution and 50% citric acid solution to produce chlorine dioxide
Mix each 10 drops (each about 0.7 grams) in a dry glass or plastic cup
Wait 30 to 60 seconds
The color of the solution changed from dark yellow color to orange color
Put it in the water of the filtered PET bottle
Mix
Drink after 30 minutes.
ろ過した水を通常のペットボトルに入れて 2リットルの水に対しては 二酸化塩素を生成するための30%亜塩素酸ナトリウム溶液と50%クエン酸溶液を各10滴づつ(各約0.7グラム)乾いたガラスかプラスチックのコップの中で混ぜ合わせて30~60秒待ち 溶液の色が濃い黄色からオレンジ色くらいに変わったくらいで ろ過したペットボトルの水の中に入れて混ぜ合わせ 30分ほどしてから飲用します。
 
 
 
Chlorine dioxide kit
Yellow cap with sodium chlorite solution
The white cap is a citric acid solution bottle
I just mix each solution in the dry cup with the same number of drops
It's very easy and easy to remember
In the case of malaria, each 15 drops (in the case of adults) is   after activated for 30 to 40 seconds
Drink with water of 250 to 300 cc diluted
 
Chlorine dioxide kit
Yellow cap with sodium chlorite solution
The white cap is a citric acid solution bottle
I just mix each solution in the dry cup with the same number of drops
It's very easy and easy to remember
In the case of malaria, each 15 drops (in the case of adults) is activated for 30 to 40 seconds
Drink with water of 250 to 300 cc diluted
二酸化塩素キット
黄色いキャップが亜塩素酸ナトリウム溶液で白色がクエン酸溶液ボトルです
乾いたコップに各溶液を同滴数まぜるだけなので とても簡単で憶えやすいです マラリアの場合
は各15滴(大人の場合)を30~40秒活性化後 250~300ccの水でうすめて飲用します 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
In unsanitary water such as wells, many microorganisms, such as mosquito larvae, are inhabiting and cause illness
Unsafe water such as wells cause many illnesses such as bowlers and cause diseases
   井戸などの不衛生な水はボウフラなど多くの微生物が生息していて病気の原因になります
 
                
             
           
 
     
       
 
This water sterilization method is the same as the water purification agent sold at the camping goods department,
It is easy to make raw solution from raw materials sodium chlorite and citric acid powder.
0.01 cents  for sterilization of 2 liters of water
Treatment for malaria Even a single dose can be done in about 0.01 cents.
It is easy to make both source solutions.
It can be made by dissolving each powder with hot water.
It is easy to spread and tell to people who can not read letters and people who do not understand words.
 
For disinfection of water, filter the water with a disposable mask so that the bactericidal effect increases.
With this method you can do it in a law cost.
Prepare two PET bottles, cut the mouth side and bottom side,
Filter the water across the disposable mask.
In case of dirty and dusty water, filter with cloth and other fabrics and then filter with a mask. 
 
PET bottles are easy to obtain
A disposable mask is about 4 Cent per piece even if it is acquired in Japan,
If it is overseas it depends on the quantity but it is less than 1Cent  per piece.
Since masks can be used many times, 2 to 3 sheets are distributed to 1 family free of charge.
  In this activity
I taught how to make a plastic bottle for filtration.
And I taught to mix chlorine dioxide by filtering the water across the mask.
I can not speak local languages. But just by looking at local people understand, even children remembered.
It is a simple way to sterilize water so it is easy to handle by anyone.
  
この水の殺菌方法はキャンプ用品売り場で販売されている水の浄化剤と同じものですが 原料である 亜塩素酸ナトリウム と クエン酸粉末 から簡単に原溶液を作れますので その原料の入手方法から作り方と使用方法までを現地の方々に教えることで 水2リットルの殺菌では0.01円以下 マラリアの1治療でも0.01円ほどの低コストになります。 両原溶液の作り方も簡単で 各粉末をお湯で溶かすだけで作ることが出来るので文字の読めない方々や言葉のわからない方々にも身振りで教えられ普及しやすいものです。
 
水の殺菌ではコストを抑え殺菌効果が高まるように使い捨てマスクで水をろ過します。  そのために途上国でも入手しやすいペットボトルを2本用意して口側と底側を切り取り その間に使い捨てマスクを挟んで水を浄化・ろ過します。  汚れやゴミが多い水の場合は衣類などの生地でろ過した後にマスクでろ過します。
 
ペットボトルのコストはかからず 使い捨てマスクのコストは日本で入手した場合でも1枚4円前後で 海外のものですと数量にもよりますが1枚1円以下です。 マスクは何度も使用できますので1家族に2~3枚を無償配布します。  今回の活動では濾過用のペットボトルの作り方とマスクをはさんで 水をろ過して二酸化塩素を混合することまでを 言葉が通じない私が行うのを現地の方々は見て 子供でも すぐに憶えて出来るようになりました。それほど簡単な水の殺菌方法ですので 誰にでも扱えやすいものです。
 
   
 
 
Chlorine dioxide, a component of CDT that has been used for the treatment and prevention of malaria, has been used for many years as a sterilizer for tap water originally in Europe and elsewhere.
So It is important to teach children in disaster areas to sterilize unsanitary waters daily.
 By using chlorine dioxide for daily water,
we become skilled in handling chlorine dioxide and it makes chlorine dioxide easier for everyone to handle during prevention and treatment of malaria.
In past activities
Because it was mainly guidance on how to use the chlorine dioxide kit for malaria
Most of the villagers forgot how to use the chlorine dioxide kit with the passage of time.
There are many malaria in regions and villages where malaria frequently occurs,
  People who developed the infection had few opportunities to use the chlorinated dioxide kit that was offered free of charge, as there are few people in the year that do not develop for years. However, by using the kit for everyday water, it becomes easier to use even when malaria develops, etc. after becoming skilled with chlorine dioxide.
これまで マラリアの治療と予防に使用されてきた CDT の成分である二酸化塩素は 本来ヨーロッパなど世界では水道水の殺菌として長年使用されていますので 途上国において毎日子供たちが井戸などから汲んでくる不衛生な水の殺菌を行えるように指導することは重要であり 二酸化塩素を毎日の水に使用する事で 二酸化塩素の扱いに熟練して行き マラリアの予防や治療時にも二酸化塩素が誰にでも扱えやすくなります。 これまでの活動ではマラリアに対しての二酸化塩素キットの使用方法の指導が主であったために 村人たちのほとんどが 時間の経過と共に 二酸化塩素キットの使用方法を忘れてしまったり 曖昧な記憶で使用したりなどが起きていました。それはマラリアの多発する地域や村ではマラリアは多いものの 感染し発症する人たちは年に1度か2度ほどであったり 何年も発症しない人たちもいるので 無償提供した二酸化塩素キットを使用する機会が ほとんど無かったためでした。しかし毎日の水にキットを使用することで二酸化塩素に対して熟練していき マラリアが発症した場合などでも使用が行えやすくなります。 

 
 
Malaria treatment and preventive guidance
For malaria, in adults, each 15 bottles of chlorine dioxide kit bottles (about 1 gram) are mixed in a dry cup and waited for about 30 seconds and then when the color of the liquid changes to dark yellow or orange,Drink it with 300 cc of water and drink it and drink the same amount 1 to 2 hours later.
  In the case of a child, it is 7 to 8 drops of the half amount, but if the body weight is small, calculate it at a rate of 1 drop every 4 kg and drink it and drink the same amount 1 to 2 hours later.
(For example, 5 drops if weighing 20 kg)
This activity also checked with the malaria quick test kit and gave CDT to the malaria positive (Positive) person.
For positive people also conducted a microscopic examination.
 
マラリアの治療と予防指導
マラリアには大人の場合は二酸化塩素キットのボトル各15滴(約1グラム)づつを 乾いたコップで混ぜ合わせて30秒ほど待ってから液体の色が濃い黄色かオレンジ色に変わる頃に250~300ccの水で薄めてから飲用し 1~2時間後に同じ量を飲用します。 子供の場合は その半分の量の7~8滴ですが 体重が少ない場合は4キロごとに1滴の割合で計算して飲用し 1~2時間後に同じ量を飲用します。(例えば体重20キロの場合は5滴です)   今回の活動もマラリア迅速検査キットで検査をしてマラリア・ポジティブ(陽性)の方にCDTを与えました。ポジティブの方には顕微鏡での検査も行いました。 
 
Ms. Rubeka · Mensa 16-year old girl was malaria · positive (2 lines).
but it became negative (1 line) in the examination the next day after drinking CDT, there was no sign of malaria and it was a healthy smile.
ルベカ・メンサさん16歳の少女はマラリア・ポジティブ(2本線)でしたがCDTを飲用後の翌日の検査ではネガティブ
(1本線)で マラリアの兆候が無くなり元気な笑顔でした。
 
 
 
To observe the malaria parasite by microscope
Giemsa dyeing is also very simple, so I would like to instruct the microscope and pay in kind.
マラリア原虫を顕微鏡観察するためのギムザ染色も非常に簡単なので今後は顕微鏡の指導と現物支給も行ないたい
と思います。 
 
 
 
The woman below is Malaria · Positive (2 lines).
Blood for the microscope was also collected on a slide and observed after Giemsa staining.
We used Contrex of pH 7.4 to dilute Giemsa solution.
Women drank CDT
The next day seemed to be doing well so that woman did not come to the examination.
下の女性はマラリア・ポジティブ(2本線)で顕微鏡用の血液もスライドに採取してギムザ染色の後観察をいたしました。
ギムザ液を薄める水はpH(ペーハ)7.4のコントレックスを使用しました。女性はCDTを飲用しましたが 翌日は元気に
なったそうで検査には来ませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
Photo below is the malaria parasite. 
下写真はマラリア原虫です。
We conducted a malaria blood test of residents.
It is within an hour from the capital by car
It was in danger of malaria.
I tried the CDT for the positive person and who wants to drink. 
住民の方々のマラリア血液検査を行ないました。ここは首都から車で1時間以内のところですがマラリアの危険に
さらされていました。ポジティブの方と希望者にはCDTを飲用していただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Our activities are to teach easily that everyone can easily prevent and treat malaria with chlorine dioxide and to be able to sterilize water.
It can be used immediately by local children.
It does not require complex processes, knowledge and learning, no specialized experience or qualification is required,
It is also a method that does not require expensive chemicals or equipment and does not require any money.
You can use it on your own on that day.
It's a very easy and effective way to teach other people as well
People in the same village and other villages also easily spread to people who do not understand letters and words.
 This will enable eradication of malaria and access to safe water as soon as possible.
It can also be easily handled by anyone.
Easy to teach other people, so anyone can teach in developing countries.
Therefore we also call for enlightenment and participation in Japan.
 
The chlorine dioxide that we are teaching is very cheap and can be easily made by anyone.
Simply mix 10 to 15 drops (about 0.7 to 1 gram) in a dry cup with about 30% sodium chlorite solution and 50% citric acid solution.
(https://www.youtube.com/watch?v=8lzPpZ_9vl0)
Even small children can make it, so we can treat malaria and access to safe water as soon as possible.
This therapy when used by the Red Cross is said to be MMS and we originally used this name, but now we are using the name CDT (Chlorine dioxide treatment) chlorine dioxide therapy.
 
Countries and regions with many malaria are many in Asia besides Africa
More than 70 million people suffer annually in India.
There are also many malaria such as countries and areas along the border with Thailand, Cambodia, Vietnam, Myanmar and Indonesia.
So many people suffer from repeated infection and onset, being at risk.
The country and region where children and people who die and become sick due to unsanitary water are also widely located in many countries and regions.
 
In addition, when mosquito having malaria parasite bloods the person while drinking CDT and chlorine dioxide going around the bloodstream and sterilizing, that malaria mosquito will also return to negative.
 
We have also done CDT as prevention as we know that if we drink CDT before it becomes severe or before onset, it will be easy to return to the negative earlier in activity so far.
 
About side effects and harm, it is said that more than 2 million people worldwide continue CDT for more than 10 years, but there are no reports yet.
It is a safe and effective treatment.
This activity is a malaria folk remedy and water sterilization method which is easily taught to anyone easily.
So it is a very simple volunteer that any of us in a rich country can participate and teach local people.
Malaria in the world is in many countries and regions, there are more countries and regions suffering from unsanitary water,
By the early eradication we need a lot of volunteers to spread this water sterilization and therapy.
 
To date, there are medical treatment for malaria includes doctors, medical facility and equipment inspection instruments and specialized technicians,
And there are several kinds of malaria drugs and their prescription amounts,
There are also many people who have been infected with malaria and are being carried over half a day or more to these medical institutions far away.
In addition, malaria medicine does not fit, it may become serious and died.
 
However, in the case of CDT, there is no need to examine and identify what kind of malaria it is.
Furthermore, we do not need to use malaria medicine without going to a remote medical facility or require inspection technicians and testing equipment.
Early eradication of malaria is possible by individual treatment.
 
In addition, when mosquito having malaria parasite bloods the person while drinking CDT and chlorine dioxide going around the bloodstream and sterilizing, that malaria mosquito will also return to negative.
 
We have also done CDT as prevention as we know that if we drink CDT before it becomes severe or before onset, it will be easy to return to the negative earlier in activity so far.
 
About side effects and harm, it is said that more than 2 million people worldwide continue CDT for more than 10 years, but there are no reports yet.
It is a safe and effective treatment.
 
CDT's chlorine dioxide is effective for any type of malaria
Diseases other than malaria may be treated.
In malaria medicine, severe symptoms of malaria may continue for more than a week,
In CDT, half or a day, most people are pleased that the symptoms and symptoms of malaria several times as much as the intense influenza will disappear.
 
Currently, the mainstream of malaria medicines in the world is artemisinin-based medicine (ACT = artemisinin-based combination therapy / combination therapy of artemisinin derivatives and antimalarial drugs)
Malaria resistant to the artemisinin is increasing,
It is a problem in the world.
CDT is also effective for drug tolerance malaria due to the nature of chlorine dioxide,
Malaria parasite can not tolerate CDT.
We will also demonstrate the effects of CDT and encourage UN and WHO and others to certify Chlorine Dioxide & artemisinin-based combination therapy (CACT) based on CD (Chlorine dioxide).
 

This volunteer activity does not require experience, expertise or qualifications

It is an international contribution volunteer who can do even the elderly to elementary school students (about 10 to 15 minutes) with such easy knowledge as to read the instruction manual of the water purification agent of outdoor / camping equipment.

t is an international contribution volunteer who can do even from elderly to elementary school students.

Also, we can plan our activities cost and schedule on our own,

Activities can be done with the ease of going sightseeing to Thailand and Cambodia Vietnam and Myanmar etc.

If it is a cheap airline ticket such as HIS, roundtrip air ticket fee from around 30,000 yen,

Local stay hotel Hundreds of yen per night

Volunteer with a budget of around 80 yen for meals

It is less expensive than a sightseeing tour and you can learn many things such as the state and culture of the local area.

 
 
 
この活動は誰にでも簡単に教えられるマラリアの民間療法と水殺菌方法です。
だから、豊かな国の私たちの誰もが参加して地元の人々を教えることができる非常にシンプルなボランティアです。
世界のマラリアは多くの国や地域にありますが、非衛生的な水に苦しんでいる国や地域が増えています。
早期に根絶するには、この水の滅菌と治療を広めるために、多くのボランティアが必要です。
 
現在まで、医師、医療施設および機器検査機器、専門技術者を含むマラリアの治療法があり、
そして、いくつかの種類のマラリア薬とその処方量があります。
マラリアに感染し、遠く離れたこれらの医療機関に半日以上持ち越されている多くの人々もいます。
 
私たちの活動は 誰にでも簡単に二酸化塩素でマラリアの予防や治療・水の殺菌が行えることを 簡単に伝え教える事なので 現地の子供たちでも すぐに活用できるものです。  複雑な工程や知識・学習を必要とせず 専門的な経験や資格も必要なく また高価な薬品や器具も必要としない お金のかからない方法ですので その日に自分たちで使用することが出来ます。  さらに他の人たちにも教えやすい非常に簡単で効果の高い方法なので  同じ村や他の村の人たち また文字や言葉が判らない方々へも波及しやすいことから  マラリアの撲滅と安全な水へのアクセスを早急に可能とします。 また 誰にでも簡単に扱うことが出来 他の人たちに教えやすいことから ハードルの低いボランティアとして 誰でもが 途上国で教えることが出来るので 日本国内での啓発も行い 参加を呼びかけています。

私たちが指導している二酸化塩素は非常にコストがかからず 簡単に安全に誰にでも作ることが出来るもので アフリカの赤十字( https://www.youtube.com/watch?v=8lzPpZ_9vl0 )が  マラリアの治療を指導し使用したものと同じ 亜塩素酸ナトリウム約30%溶液 と 50%濃度クエン酸溶液 を乾いたコップの中で10~15滴(約0.7~1グラム)づつ混ぜ合わせるだけですので 小さな子供でも作ることが出来るので 村から村へ伝え広め 普及しやすいことから マラリアの撲滅と安全な水へのアクセスを早急に可能とします。 赤十字が使用した時の この療法は MMSと言われ 私たちも当初は この名称を使用していましたが現在はCDT( Chlorine dioxide treatment  二酸化塩素療法 )という名称を使用しています。
 
マラリアの多い国や地域はアフリカ以外にアジアでも多く インドでは年間7000万人以上 タイ・カンボジア・ベトナム・ミャンマーとの国境沿いの国や地域 インドネシアなどもマラリアが多く 感染と発症を繰り返し 危険にさらされて苦しむ人たちは多いのです。 また不衛生な水が原因で病気になり亡くなる子供や人々の住む国や地域は さらに広く多くの国や地域にあります。

この活動は誰にでも簡単に教えられる効果の高いマラリアの民間療法と水の殺菌方法ですので 裕福な国の私たちの誰でもが参加でき 現地の人たちに教えることの出来る非常にシンプルなボランティアです。 世界のマラリアは多くの国や地域にあり 不衛生な水で苦しむ国や地域はさらに多く 早期に撲滅に至るまでには この水の殺菌と療法を伝え広める多くのボランティアを必要とします。 これまでマラリアの治療には医師や医療施設・設備 検査器具と専門の技術者 そして数種のマラリア薬とその処方量などがあり マラリアに感染し発症した方々の中には 遠いそれらの医療機関まで半日や1日以上かけて運ばれてくる方も多く またマラリア薬が合わずに重症化し亡くなる場合もありますが CDTの場合はどの種類のマラリアなのかを検査識別する必要も無く どのマラリア薬を使用するのかや 検査技師や検査器具も必要としないので 遠い医療施設まで行かないで自分たちで治すことの出来る民間療法ですので マラリアの早期撲滅が可能となります。またCDTの飲用を行い 二酸化塩素が血流を回って殺菌している間にマラリア原虫を持つ蚊が その人を吸血した場合 そのマラリア蚊も陰性に戻ってしまいます。 これまでの活動では重症化する前か発症する前にCDTを飲用すると効果は早く 陰性に戻りやすいことが判っていますので 予防としてCDTを私たちも行っています。 副作用と害については 世界では200万人以上の一般の方々がCDTを10年以上続けていても いまだ報告が無いほどに安全で効果の高い療法だと言えます。

CDTの二酸化塩素は どのタイプのマラリアにも効果があり マラリア以外の病気でも治療できる場合があります。またマラリア薬ではマラリアの激しい症状が1週間以上も続く場合がありますが CDTでは半日か1日で ほとんどの方が その激しいインフルエンザの数倍ものマラリアの兆候・症状が消えてしまうので喜んでいます。 現在 世界のマラリア薬の主流はアーテミシニン・ベース薬(ACT=artemisinin-based combination therapy/アルテミシニン誘導体と抗マラリア薬の併用療法)ですが そのアーテミシニンにも耐性を持つマラリアが増えてきており世界では問題となっています。 CDTは二酸化塩素の性質から薬剤耐性マラリアにも効果がありマラリア原虫はCDTに耐性を持つことが出来ません。 私たちはCDTの効果の実証を重ねてCD(Chlorine dioxide/二酸化塩素)をベースとした CACT(Chlorine dioxide & artemisinin-based combination therapy )を国連・WHOなどに認証してもらう働きかけも行います。

水の殺菌活動では まだ支援が受けられていなく安全な水の確保や浄水装置がない村などで お金をかけずに出来る効果のある簡単な浄水と殺菌の仕方を教えています。それにより毎日の水の殺菌をCDTで行うことにより マラリアに感染・発症した場合にも すぐにCDTが使用できるように熟練していきます。 私たちの活動は水の安全な殺菌とマラリアの予防と撲滅ですが 時々デング熱でダウンした方や 医師もわからない病気に苦しんでいる方が回復したケースが何度とありました。
このボランティア活動は経験や専門知識・資格などは必要とせず アウト・ドア・キャンプ用品売り場で販売しているのと同じ 水の浄化剤の説明書を読むほどの簡単な知識で(10~15分ほど) 高齢者から小学生でも行える国際貢献ボランティアです。 また活動費用やスケジュールは自分たちで計画することが出来  タイやカンボジア ベトナムやミャンマーなどに観光で行くような気軽さで活動ができ HIS などの格安航空券ならば3万円くらいからの往復航空チケット代 現地滞在ホテル1泊数百円~ 食事代80円くらい~と低予算で行えるボランティアで 観光ツアーよりも費用がかからなく 現地の様子や文化など多くのことを学ぶことも出来ます。
 
私たちの活動は世界の飢餓と貧困を早期に終わらせることが目的です。 マラリアの早期撲滅と安全な水の殺菌指導を通して貧困からの脱出を多少なりとも可能にすることを目標に 国内での啓発として これらの誰にでも簡単に行える活動に参加してくださる方々へのアドバイスや指導なども無償で行っています。 そして そのようなボランティアの方々が自主的に活動を行い広め・啓発していただけるようにと願っています。

[二酸化塩素溶液の作り方]

アフリカの赤十字がマラリアの治療と指導に使用したものと同じ溶液を私たちも使用していますが 溶液の濃度は初めての方や文字や言葉が(違い)わからない部族など 現地の方々にもわかりやすく教えやすいように 亜塩素酸ナトリウム溶液は30%くらい / クエン酸溶液は50%くらい と大まかな数字・濃度で説明しています。 それは正確な規定含有量の28%亜塩素酸ナトリウム溶液でも [ 気温・活性化秒数・湿度・溶液のボトル内の残量と角度などにもより1滴の重さに差がある事・活性化するガラスコップの質・希釈する水の質や量 など ] にもより二酸化塩素濃度が大きく異なることがあるためです。私たちの教え方は 亜塩素酸ナトリウム粉末を [ 3]  熱いくらいのお湯を [ 7 ] のだいたい・おおよその 3対7 で教えています。 30グラムの亜塩素酸ナトリウム粉末ならば 70グラムのお湯で溶かす または 計量器具がない場合はペットボトルのキャップなどを使い キャップ1杯の亜塩素酸ナトリウム粉末ならば2杯のお湯で溶かすというように おおまかな方法を教えています。 実際に それらで生成した二酸化塩素濃度は二酸化塩素専用濃度計測器で計測しても 上記に書きましたような各条件にもより 濃度に差が生じていることや 原料の亜塩素酸ナトリウム粉末の純度も80%前後のものが出回っていることもあり厳密な正確さは必要ではないことが判っています。 クエン酸溶液も50%濃度と40%濃度で実験を繰り返しましたが 亜塩素酸ナトリウム溶液と混ぜ合わせて活性化秒数を長く置くことで40%濃度でも50%濃度と同等か条件にもより上回る場合もあり また 亜塩素酸ナトリウム溶液とクエン酸溶液は同滴数ではなくクエン酸溶液が3分の2程度の滴数でも同じような二酸化塩素濃度結果が得られています。 例えばマラリアに使用する場合の亜塩素酸ナトリウム溶液15滴に対して通常はクエン酸溶液も同じ15滴ですが 10滴のクエン酸溶液でも活性化秒数を長くするなどの条件で同じ二酸化塩素濃度が生成されています。 またCDS(クエン酸が含まれない二酸化塩素溶液)で生成した二酸化塩素の場合 [ 保存するガラス瓶の容量や大きさ・密閉度・室温・開け閉めする回数や秒数 など ] にもより濃度低下の幅が大きく違うこともあり 使用する際には飲用時のノド越しの感覚で調整するといった調整方法でマラリアが治療されてきました。 また マラリア治療には 人にもより二酸化塩素の容量が各人違う個人差があることもわかっています。 インドの病院の協力で行われた重症マラリア患者の場合はビデオにもありますようにhttps://www.youtube.com/watch?v=sl1r7Az78JA 通常マラリア治療に使用される15滴の二酸化塩素濃度は平均で28ppm(10%クエン酸溶液3分間活性方法当時・200ccの水で希釈の場合)であるのに対して 水以外のジュースなどの不純物で希釈した場合2分の1~3分の1以下に濃度低下するにもかかわらず この患者は30分もしないうちに回復しましたが 他の患者の場合は通常の水での希釈(15滴・約28ppm)でも回復するのに時間がかかる場合もありました。 このようなことから厳密・正確な二酸化塩素生成と濃度は重要ではないと考えられます。
 
[使用方法]

マラリアの場合は 乾いたガラスのコップまたはプラスチックコップを用意しますが 何もない場合はビニールをコップ状にして使います。 乾いたコップの中に亜塩素酸ナトリウム溶液と同滴数のクエン酸溶液を入れて混ぜ合わせ活性化させます(30~60秒)。 溶液の色が黄色から濃い黄色またはオレンジ色に変わった頃に水を加えて使用します。 マラリアの場合には各15滴を混ぜ合わせて活性化させ オレンジ色に変わった頃に250~300ccの水で薄めて飲用し 1~2時間後に同じ量を飲用します。 子供の場合は半分の量の7~8滴です。体重の少ない人の場合は4キロごとに1滴の計算で使用します。 例えば体重が35キロの場合は8~9滴という計算になります。
水の殺菌方法は マスクなどで簡単にろ過した水の場合は 2リットルの水に対して各10滴を活性化して(30~60秒) 2リットルの水のペットボトルの中に入れ混ぜ合わせてからキャップを閉めて約30分後に飲用します。 この場合のペットボトルの水は当初平均4ppmの二酸化塩素になりますが それ以下の濃度では0.0025ミリ以上の微生物は殺菌できにくいからです。 マスクをろ過で使用することは 殺菌しにくい大きな微生物とゴミなどの不純物を除去することで より二酸化塩素の殺菌効果を高めることになります。  マラリアの治療や予防で使用される15滴の約28~30ppmの二酸化塩素水は安全性が確認されていますので 4ppmの水の飲用は安全であります。 (室温27度で24時間後のペットボトルの水の二酸化塩素濃度は約1.2ppmに低下していました)

ユーチューブのビデオで作り方と使用方法を説明しています
亜塩素酸ナトリウム溶液の作り方ビデオ https://www.youtube.com/watch?v=Wjq7NAnk6bA
使用方法とクエン酸溶液の作り方ビデオ https://www.youtube.com/watch?v=7DVi3yp6N1w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アクラではマラリアの無料検査と治療 そして蚊帳の無料配布も行いました。首都でもマラリアに感染している方がいますので住民の方々は真剣に検査を受けに行列が朝から夕方まで続きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CDSは希望者の方々に提供いたしました。
 
今回の活動ではマラリア血液検査を顕微鏡でも行いマラリア・ポジティブの方の血液を観察することが出来ました。
採血やギムザ染色 顕微鏡の観察は小学校で習った程度の応用で私にも行なえましたので 今後は顕微鏡などの
寄付・指導も行ないたいと思います。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
アクラに到着したのは夜遅くでしたが多くの人でにぎわっていました。私の荷物はリュックを含めて3つあり 毎回CDTの機材や材料・検査道具などで100キロ近くなります。長いフライトで疲れているので彼が荷物をタクシーまで運んでくれたので助かりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下の写真は福島・いわきの支援者の方々からの衣類の寄付です。
 
 
 
 
 
 
 
今回の活動は福島県いわき市の有志の方々のご要請・ご支援により行うことが出来ました。現在 この活動のNPO化
を目指して頑張っていますので 今後とも 皆様よろしく お願いいたします。