Skip to main content

MMS-JAPAN

MMSで途上国の不衛生な水の殺菌指導とマラリアの撲滅を行い              早期に世界の飢餓・貧困を終わらせる活動

table of contents
ホーム
プロジェクトグループ
マラリア治療ビデオ
第3回マラリア撲滅活動/in Nigeria
使用方法
質問と回答
MMS2
関連ニュース
リンク集
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
無償でMMSを配布いたします!
MMS-Jelly
今後の計画
ご協力をお願いいたします
第4回マラリア撲滅活動/in Maesot
Emergency Ebola MMS activ
artemisinin
第7回活動報告/MAESOT
ご支援を感謝いたします
The 8th activity report S
シエラレオネATMの使い方
管理
9th eradication of malari

 

 

質問(Q)と回答(A

 

 

  *当グループはマラリアを撲滅して世界の飢餓・貧困を終わらせる活動ですので 

    他の病気に関するご質問はお受けしていません

 

 

        ジム・ハンブルさんの日本語サイトから抜粋しましたものです 

           

 

Q MMSがどのように病原菌を殺すのですか。

 

MMSがバクテリアを殺すといわれますが、体内にいる自然の善玉菌80%と有害なバクテリア20%にどのように対応するのですか。MMSは健康な細胞を傷つけずに有害なものだけを殺すと聞いているのですが、バクテリア同士の違いを見分けて、自然のバクテリア(善玉菌と有害な菌両方共)をそのままにしておくことができるのですか。すべてのバクテリアが破壊されるのであれば、プロバイオティックス(善玉微生物)を増進させようとするのでしょうか。

 

A 体内の善玉菌は好気性バクテリア(酸素を使うバクテリア)として知られています。病気を起こすバクテリアは嫌気性(酸素を使わないバクテリア)です。それで、両バクテリアには違いがあるかどうかと考えておられるのでしょうが、両バクテリアには違いがあります。MMSイオン(二酸化塩素)のユニークな性質によって、これら両バクテリアの違いを見分けることができます。ですから、二酸化塩素は嫌気性バクテリア(病気を起こすバクテリア)だけを破壊します。また、免疫系は病気に対抗するために二酸化塩素を使う機能を備えており、免疫系内の白血球が嫌気性バクテリアを殺す作用をコントロールします。

 

 

 

 

マラリアに対するMMSのメカニズム

http://bioredox.mysite.com/CLOXhtml/CLOXprnt+refs.htm

 トーマス・ヘッセリング博士 

 

 

 
         *当グループではMMSの販売等は一切行いません