Skip to main content

MMS-JAPAN

MMSで世界からマラリアを早期に撲滅し 安全な水への殺菌を行い 飢餓貧困を終わらせるプロジェクト・グループの情報サイトです

table of contents
ホーム
プロジェクトグループ
マラリア治療ビデオ
第3回マラリア撲滅活動/in Nigeria
使用方法
質問と回答
MMS2
関連ニュース
リンク集
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
無償でMMSを配布いたします!
MMS-Jelly
今後の計画
ご協力をお願いいたします
第4回マラリア撲滅活動/in Maesot
Emergency Ebola MMS activ
artemisinin
第7回活動報告/MAESOT
ご支援を感謝いたします
The 8th activity report S
シエラレオネATMの使い方

実際のマラリア治療ビデオです。ご覧下さい。(2004年2月11日撮影)

 

 

 

  (解説)

 

 2004211

 

 MMSを使ったマラリア治療キャンペーン中に撮影した治療ケースを紹介します。

 

 乳児(1才半)が発熱して痙攣が起こるといって、母親がオボンド医師のクリニック

 へ連れてきました。乳児の熱は華氏104度(摂氏40度)でした。乳児の血液検査の結果は

 マラリア・プラス4(+++4)であって、重度のマラリア原虫感染症を示していました。

 

 この乳児にフェーズ1(第1回目)のMMSが与えられました。4時間後に血液検査が

 行われました。結果はマラリア原虫レベルがプラス2(++2)でした。

 

 次にフェーズ2(第2回目MMS5滴投与)のMMSが投与されてから、翌日に血液検査を

 行うとマラリアがネガティブ(陰性)と出ました.

 (注意:抗マラリア薬や抗生物質は投与されていません。)

 

 2日後、乳児は退院しました。退院後48時間たっても、平熱に戻ったままであり、

 マラリアの症状が見られませんでした。MMSの服用だけでマラリアが治りました。

 

 (報告者:ジム・ハンブル、オポンド医師)

 


 



2010年11月にインドでMMSによるマラリア治療活動を行いました http://www.youtube.com/user/muturou?feature=mhum#p/u/12/zvHdQqi6OTg

 

Severe malariapatients withoutconscious
  Hehas recoveredin 30 minutes

意識のない重症のマラリア患者が30分で回復した時の記録ビデオです

 


 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

■ マラリア・ソリューション財団のサイトです。(2006年まで、ジム・ハンブルはこの財団に所属していました。)

  現在はThe Jim Humble International Foundationを設立して、独自のマラリア撲滅活動を実施しています。
  マラリア・ソリューション財団の活動については、「21世紀のミラクルミネラル・サプリメント」第1編をお読み

  下さい。

 

  http://www.malariasolution.com/Nutracea_and_MalariaSolutionfoundation_VideoFootage.html

 



 マラリア(風土病)が存在する国々(黄色)(2003年統計)
 
解説
マラリアが広がっている国々では、それぞれの環境条件によって感染状態が異なります。ですから、マラリアは熱帯および亜熱帯地域(地図参照)にあって、標高1,500m以下の場所に広がります。けれども、この感染状況は、地球の温暖化、人口移住、天候異変によって変動します。マラリア2種は上図の黄色地域に存在していますが、それらの変形性によって、明確に2種類と分類しにくい性質があります。黄色の国々の中でも、感染しやすい地区やそうでない地区があって、感染リスクのレベルがそれぞれ異なります。
(マラリア2種:Plasmodium falciparum と P. malariae)
調査

2003年

出所

米国CDC 寄生虫病調査部 - イメージライブラリー