Skip to main content

MMS-JAPAN

MMSで世界からマラリアを早期に撲滅し 安全な水への殺菌を行い 飢餓貧困を終わらせるプロジェクト・グループの情報サイトです

table of contents
ホーム
プロジェクトグループ
マラリア治療ビデオ
第3回マラリア撲滅活動/in Nigeria
使用方法
質問と回答
MMS2
関連ニュース
リンク集
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
無償でMMSを配布いたします!
MMS-Jelly
今後の計画
ご協力をお願いいたします
第4回マラリア撲滅活動/in Maesot
Emergency Ebola MMS activ
artemisinin
第7回活動報告/MAESOT
ご支援を感謝いたします
The 8th activity report S
シエラレオネATMの使い方
管理
 

The 4th 2014 Jun MMS Malaria Eradication Activity Report (near the border between Thai and Myanmar) *There was also effective in dengue

第4回MMSマラリア撲滅活動報告ミャンマー・タイ国境付近(デング熱にも効果がありました)

 

This time, I focused on the educational aspect of this activity which I consider as most important humanitarian service so that they can for themselves share MMS between them, or from one village to another on the grass-root level. In detail, I shared with those who live in the area wjere malaria is rampant how they could obtain sodium chlorite, the ingredient of MMS and how to use MMS which is highly effective in combatting malaria. Upuntil this time our activities had focused mainly on the verification of the effectiveness of MMS against malaria, therefore, people who came to know the way to use MMS had been limited only to specific doctors, medical carers, and soem companies, not to village people who actually suffered most from malaria who were only given MMS,not the way to use and produce. Doctors and people of companies live in the area where malaria does not affect, and even when they suffer from malaria, they could buy the medicine for it. It seems to me that they addrees the need of careing and curing but not to the extent of that they share the way of use and production. With this situation continued for 6 years since 2008, I am afraid that MMS has not spread effectively to the people who actually suffered. That is the background of this time activity which had been done to the area of the boarder between Thai Mae Sot and Myanmar where 4 month rainy season started since Jun, which meant that malaria should be rampant.
Iwas happy to provide them with MMS for free as well as how to use and produce it in the area.

今回の活動はマラリアの多い村や地域の人たちに 効果の高いマラリアの民間療法 MMSの使用と製造方法  原料である亜塩素酸ナトリウムの入手先などを教えて 自分たちでマラリアを克服できるようにし 草の根でMMSが村から村へ広まるようにする もっとも重要な人道的活動を行いました  これまでの活動がMMSのマラリアに対する効果の検証が主になり MMSの使用方法は限られた医師や医療関係者 企業などの方々にとどまり 実際にマラリアで苦しむ村の人たちにはMMSを与えるだけで その使用方法や製造方法などは明かされていませんでした  医師や企業などの方々はマラリアに感染しない地域や環境に住んでおり もしマラリアに感染・発症してもマラリア薬を購入できます またMMSで治療しても それをマラリアで苦しむ人々に伝え広めるということはしませんでした  そのため2008年から活動を始め6年が経ちましたが MMSはマラリアで実際に苦しむ多くの人たちの間で広まりを見せませんでした  今回は6月から4ヶ月間 雨季に入り マラリアが多発するタイ・メーソートからミャンマーの国境付近で出来るだけ多くのマラリアの危険にさらされる人たちに MMSを無償で提供し その使い方や製造方法などもお教えして回る活動が出来ました

 

All together 10 seminars of MMS system for malaria curing had been carried out in various places which were exposed to the risk of malaria and whose demand for the medicines were so high that some doctors and medical carers from Myanmar who heard of the news of this opportunity came to take part in. Some medical carers and people with some chemical knowledge had the impression that it would be dangerous for us to take in Sodium chlorite(NaCLO2)and activated chlorine dioxide ( CLO2 ). Chlorine dioxide was so powerful that it was used as a specific disinfectant in the case of terrorism using bacillus anthracis.
However, at the outset of the workshop, I asked them , “If this chlorine dioxide can be taken in the body safely, what would happen inside?”, explaining that chlorine dioxide would disinfect germs, by circulating with blood. At the workshop, we ( Mrs.Sweet, translator and I) actually drank the water with chlorine dioxide which showed over 200ppm by chlorine paper. I also added that I myself have drunk it every day for 6 years, and more tha 10,000 people drink it in Japan, while more than 1 million people drink it on daily basis in the world without side-effect, information and proof of which are now available openly on the internet. After listening to my talk, they, who had believed that chlorine dioxide was too dangerous to take in, came to pay attention to the workshop very seriously. Furthermore, when I showed them the recorded video in which an unconscious patient with advanced malaria recovered to be able to talk with his family in 30 minutes, they showed stronger interest.

 

https://www.youtube.com/watch?v=sl1r7Az78JA

 

Red CrossofMMSmalariatreatment recordsvideo

https://www.youtube.com/watch?v=8lzPpZ_9vl0

 

At the workshop, youth,girls and children also participated and took notes earnestly since the theme was the simple and effective family/civil curing method against malaria. Because some people heard of this workshop, they requested more workshops and we could hold some workshops at schools. The workshop took place near the boarder and there were many Karen (local race) and I especially would like to express my humble gratitude to Mrs. Sweet who tranlated English into Thai, Burmese,Karen, etc. My appreciation also should be expressed to her husband, Mr.Higashi, who took every care of communication at each phase. He understood not only the whole content of our activity but also the plan ahead to relay them to Mrs Sweet in English and Thai. He spontaneously gave me the necesarry arrangements along the course of my activity, such as making small bottles of MMS and delivering them to those in the malaria-rampant area by utilizing army, curing people with MMS there, supporting and helping me to make the instruction-manual of MMS in English and Karen as well as to print them. He did not hesitate to serve at every necesarry step in communication and arrangement, which made it possible for us to deliver to each village and area 800 MMS malaria kit, each bottle of which could cure malaria 12 times.

 

MMSマラリア療法の講習会は各地で10回行いましたが マラリアの危険にさらされている地域でしたので主婦や女性の方も多く 中には医師や医療関係者の方々も噂を聞きつけてミャンマー側から足を運んでくる方々もいました 医療関係者や多少の知識のある方々はMMSの原料であります亜塩素酸ナトリウム(NaCLO2)と活性化された二酸化塩素(CLO2)を体内に取り込むのは危険という認識を持っていました 二酸化塩素はアメリカ炭素菌テロの時にも指定の殺菌消毒剤として使用されるほどの強力なものです それを飲んだり体内に取り込むのは危険という常識を持っていました  しかし私が講習会のはじめに 「 もしこの二酸化塩素が安全に飲むことが出来 体内に取り込められたら どうなるでしょうか?」 と説明し胃腸から吸収された二酸化塩素が血液と共に体内を循環しながら病原菌を殺菌することを解説し その場で塩素ペーパーで計測して見せる 塩素濃度200ppmを超える二酸化塩素水を水で割り飲み 通訳のスィートさんも飲み さらに私が6年間毎日飲んでいること  日本では1万人以上の方が飲んでいること  海外ではこの10年以上100万人を超える人たちが毎日飲んでいること そして副作用や害がないこと  それらの証言や情報がインターネットで とても多く公開されていること などを話しますと  彼らは これまで信じていた 二酸化塩素は飲む事は危険で出来ないという常識と認識が崩れ落ちて 真剣に講習を聞くようになりました さらに私がインドやナイジェリアでMMSのマラリアの検証を行ったときのビデオ 特に意識のない重症のマラリア患者が30分で回復し笑顔で家族と会話している記録ビデオなどを見ますと みなさん強い関心を示す表情になりました  

 

https://www.youtube.com/watch?v=sl1r7Az78JA

 

赤十字社のMMSマラリア治療活動記録ビデオ

Red CrossofMMSmalariatreatment recordsvideo

https://www.youtube.com/watch?v=8lzPpZ_9vl0

 

 

今回は安全でカンタンな効果の高いマラリアの民間・家庭療法ということで子供たちや青少年・少女たちの参加もあり真剣にノートを取っていました  この噂を聞きつけた方々から講習会の要請が多くなり学校でも講習会を行えました 国境付近ということもありミャンマーのカレン民族の方々が多く 各地の講習会で英語 タイ語 ビルマ語 カレン語などで通訳説明してくださいました女性 スィートさんに感謝をいたします  また スィートさんのご主人であります日本人の東さんにはスィートさんに活動内容と計画を伝えてもらうために英語 タイ語などで説明してくださり その計画と活動内容を瞬時に理解してくださり それらに伴うアレンジを独自にアドバイスしてくださり MMSを小瓶に小分けして軍隊を利用してマラリアの多い村々に配布したり治療したり そのMMSに付ける 英語 カレン語で書かれたMMSの使用説明書のアイデアとその文章の作成 印刷をもご協力くださり 各地への連絡 手配などあらゆることを行ってくださいました それにより1瓶12回のマラリアの治療が行える800個のMMSマラリア・キットを各村や地域に配備することが出来ましたことを感謝いたします

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


With the following site you would know the whole picture of the activity by getting to know the past ones.

これまでの活動の経緯をご覧くだされば 今回の活動の流れが判ります
http://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/interviewvideo.aspx

http://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/default.aspx

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

097 

131_2 
 
 372 396 565572 429_2 190_3 _0037  _0043_0044  _0054_0056  _0061  _0062_0036238                 
 


257 256

                                                                                                                                 

 

This time I held the workshop of MMS in 10 villagea and areas. Although I received some requests of workshops from other villages and groups, I had little time for them, therefore I asked them to share with each other. So much demand for curing malaria there. The Metao Clinic by Mr. Cyncia Maun seemed to reveive several patients every day. Some villages were far away from hospitals, and village head men or representatives of villages requested me to teach MMS in order to overcome those inconvenience of high cost, time and trouble.From this persepective, this visit was very timely just before the rainy season started when malaria is going to overwhelm them. In the midst of rainy season, there are some villages and areas to which access is very difficult. So I was very happy to contribute to them before the season. Some doctors and medical stuffs from refugee camps, Metao Clinic, Myanmar where malaria was rampant, as well as active workers from refugee camps and refugees themselves took part in the workshops to take MMS and other materials. What we have been aiming for behind these activities is to get UN and WHO to acknowledege the effectiveness of MMS as the method against malaria. We have uploaded and openly shared on the internet the data and information about patients’ names, sex, age, addresses, the time of recovery after taking MMS so that those in other areas and countries who suffer from malaria could utilize this method.
MMS is highly effective against any type of malaria including drug-tolerant one. Therefore doctors do not have to check the type of malaria in order to choose the appropriate medicine for it. Besides, MMS has no side-effect just like other medicines for malaria, which is very effective since the condition recurs in the rampant area.
In the developing countries especially in the low- literacy rate areas, there happened incidents in which mothers gave different medicines to their chidren without knowing the appropriate ones. Those incidents do not occur with MMS, which get patients suffering from other diseases toward recovery.

Let me give one example here.
We were planning to collect the date of how much malarial parasite would decrease by CDS, asking cooperation from a female doctor who worked at Unpan which was a few hours’ drive away from Mae Sot.
However, she was bed-ridden by Deng fever. We visited her and found she was too seriously ill to notice us.
Without sovereign remedies, deng fever accompanies severe pain just like malaria. She had few options except her own physical strength. So I got het to take in 25 ccCDS (1600 ppm) deluded by more than300 cc water. Although she was still in bed even after drinking this, she could talk on the bed after 5 minutes. After 10 minutes, she rose up from the bed and sat on it to talk. Aftre 20~30 minutes, she could talk with smiles. I could not take a video of this since this was just visiting purpose. My impression so far was that MMS was not so effective against dengu fever which is caused by wirus that is far smaller than malaria parasite. But what I witnessed was just the same as the one of malaria curing which took about 30 minutes for recovery from serious condition. The next day, Ministry of Health in Karen where her brother worked invited us for explanation of how MMS worked and functioned.

 

今回は10ヶ所の村や地域でMMSの講習を行いました  ほかの村や団体などからも講習会の要望がありましたが時間の都合上出来ませんでしたので講習会の内容をお互いでシェアしていただくことになります  それほど こちらのほうではマラリアが多いようです シンシア・マウンさんのメータオ・クリニックでも1日に数名マラリアで運ばれてくるそうです  いくつかの村では病院までの距離が遠く 雨季に入りマラリアが増えると 治療にかかる手間と費用がかさむので是非MMSを教えてほしいと 村長さんや村の代表の方などからの要請がありました  そのような意味でもマラリアが多発する雨季の前に こちらにこれて活動できたことは とてもいいタイミングでした 雨が降ると移動できにくい村や場所がありますので 今回の講習会でMMSの使用・製造方法・原料の入手先などをお教えしてMMSを提供し配備出来たことは私としても とてもうれしく思いました  難民キャンプ  メータオクリニック  マラリアが蔓延しているミャンマーからも 何名もの医師や医療スタッフ  難民の方やキャンプで活動をしておられる方々も このMMS講習会に参加くださり 資料とMMSを持って戻られました  わたしたちが一丸となって行う行動は 各村や地域でマラリアにMMSを使用して その回復の時間 患者の名前 性別 年齢 住所または連絡先などの記録を共有してインターネットを通じて公開していくことで 他のマラリアの多い地域や国々に伝え広め 国連・WHOなどへマラリアの治療法としてMMSを認めさせる事です  MMSは薬剤耐性マラリアを含む どのマラリアにも効果があり 医師の診断によるどのタイプのマラリアなのかを検査する必要もなく マラリア薬を選ぶ必要もありません また 途上国における医師や医療施設・設備の圧倒的少なさを問題としません  MMSはマラリア薬のように副作用や害もないことから マラリアの多発している地域では感染を繰り返すことからMMSは非常に有効で マラリアでない場合でもあるていど回復させてしまいます  途上国において識字率の低い地域や人々の間では 子供に薬を与えようとして お母さんが文字が読めないばかりに違う薬を与えて亡くならせてしまうケースもありますが MMSではそのような事故は起きません ほとんどの病気を緩和・回復へと向かえさせます  今回の活動で一例をあげますと メーソートから数時間のウンパンという地域で医師として働かれている女性の協力を得てCDSによるマラリア原虫の減少数を顕微鏡で調べていただくことになっていましたが その女性がデング熱にかかりダウンしてしまいました わたしたちはお見舞いで その女性の家に行きますと家族の方が見守る中 その女性医師は身動きひとつしないで わたしたちが来たことにも気づけない状態でした デング熱も特効薬がなくマラリアと同じような苦痛が伴います その女性はただ寝ているしかなく 体力で持ち治すしかない状態でした そこで私はCDS25cc約100mg/l(CLO2)を300ccほどの水で薄めて飲ませました 飲んだ後も寝込んでしまいましたが 5分ほどすると寝ながらでしたが会話ができるようになりました 10分ほどで起き上がり座りながら会話することが出来ました 20~30分で笑顔をまじえながら会話できるほどになりました  この時はお見舞いでしたのでビデオを持っていなく記録できませんでした  わたしはデング熱はウィルスなので それよりも大きい寄生虫レベルのマラリアは治療できるけれど ウィルスレベルの病気には効果が薄いのではないかと思っていました しかし 私が目のあたりにした光景はマラリアの治療のときのように重症の状態から30分で回復する患者の方と同じようでした  翌日にこの女性のお兄様の勤めるカレン保健省に招かれてMMSの仕組みや働きを説明することになりました

 

 

Mr. Ehkalu of KDHW (organization in Karen just like ministry of health)
KDHW(カレンの厚生省のような機関)のEhKalu(エッカル)さん

 

560 559562573


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

The content of workshop which were held at various places:
how to create MMS water (activated by 15 drops of MMS with 15 drops of 50% citric acid water, delited by 250cc water )and how to drink.
how to make MMS and citric acid water
how chlorine dioxide works
how to make CDS and how to use it
where and how to obtain raw materials

These explanation had been done by Mrs Sweet while I demonsrated them. So I could not take the video. Please watch the same content video as the workshop.
各地で行いましたMMS講習会の内容はマラリア治療に使う15滴のMMS起動方法と飲み方  MMSとクエン酸水の作り方  CLO2=二酸化塩素の働き  CDSの作り方と使用方法  原料の入手の仕方と入手先などです    実際にはスィートさんが説明  私が実演していましたのでビデオが撮れませんでしたので講習会と同じ内容のビデオと二酸化塩素の働きをご覧ください

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


 

This video does not show how to make CDS for malaria, so please check the following information.
このビデオのCDS製造方法はマラリア用ではありませんので以下をご参考ください

The concentration required for the treatment of malaria

Chlorine dioxide of 50 ~ 55gm / l

· · · · · · · · · · · ·

CDS manufacturing

Glass bottle of 800cc capacity
Water of 600cc
MMS of 10 g
Water of citric acid of 10 g

CDS of 500 ~ 550ppm concentration

· · · · · · · · · · · ·

Usage to malaria

CDS of 20 ~ 25cc
Water of 200 ~ 300cc

drink the same amount after 1 hour

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The concentration required for the treatment of malaria
マラリアの治療に必要な濃度

Chlorine dioxide of 50~55mg/l
50~55gm/lの二酸化塩素

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CDS manufacturing

Glass bottle of 800cc capacity
Water of 600cc
MMS of 10 g
Water of citric acid of 10 g

CDS of 500 ~ 550ppm concentration


CDS製造

800cc容量のガラスのビン
600ccの水
10グラムのMMS
10グラムのクエン酸の水

500~550ppm濃度のCDS

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Usage to malaria

CDS of 20 ~ 25cc
Water of 200 ~ 300cc

drink the same amount after 1 hour


マラリアへの使用量

20~25ccのCDS
200~300ccの水

1時間後に同じ量を飲みます

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

How to make MMS

MMSの製造方法

 


 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

On The Mechanisms Of Toxicity Of Chlorine Oxides Against Malarial Parasites by Mr. Thomas Lee Hesselink, MD

トーマス・ヘッセリンク博士の二酸化塩素のマラリアに対する働き
http://bioredox.mysite.com/CLOXhtml/CLOXprnt+refs.htm

 

http://bioredox.mysite.com/LECThome.htm

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 I especially would like to express my humble gratitude to Mrs. Sweet who explained these in English,Thai, Burmese,Karen, etc. Many participants have been in the position of instructors of MMS who can share these knowledges, hold workshops and spread the MMS malaria method to many people.

これらの説明を各地で カレン語 ビルマ語 タイ語 英語などで説明くださいましたスィートさんに感謝をいたします この講習会により参加してくださった多くの人がMMSの指導員的立場になれましたので 彼らは行く先々で この講習が行え 多くの人たちにMMSマラリア療法を伝え広めることが出来ます

 

 This time we delivered 1000 MMS bottles(which we bought at Mae Sot),each of which could cure malaria 12 times.

今回配布しましたMMSはメーソートで購入した小瓶1000個に詰め直して1瓶12回分のマラリアの治療が出来るようにしました


 
 122

027


142


144


057


169 _0060


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Instructions for use
Use instructions in the local language

配布したMMSマラリア・キットの袋の中には英語とカレン語に翻訳していただきました使用説明書を付けました

 


Karengomms


257_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Where there is a lot of malaria
The border crossing on foot

マラリアの多い場所を求めて歩いて国境を越えることも

 

 

_0100


_0102


_0101


370


362


371


372


375


376


377


365


366


380


382


384


386


385


393


 

グーグル地図

https://www.google.com/maps/place/%E3%82%BF%E3%82%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD/@16.4740796,98.6486052,17z/data=!4m2!3m1!1s0x304d8df747424db1:0x9ed72c880757e802

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Guidance in the poorest district
メーソートの貧困地区/ごみの山で暮らす子供たちの医療支援

 

グーグル地図

https://www.google.com/maps/place/%E3%82%BF%E3%82%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD/@16.7300667,98.5282844,18z/data=!4m2!3m1!1s0x304d8df747424db1:0x9ed72c880757e802


081 096


102_2


103



この地区でボランティアで働く Dr Htin Zaw(テンゾウ医師)

彼はシンシア・マウンさんのメータオ・クリニックの医療関係者ですのでMMSの効果と情報をシンシアさんに伝えることになります 


_0077_0078 _0079_0080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この無料診療所には雨季になると毎回数名のマラリア患者が来られるそうです その日は肺が苦しいという男性がCDS25cc(約100mg/l CLO2)を300ccほどの水で薄めて飲みました (注意:喘息の方には1滴相当のMMSから始めませんと好転反応が強く出てしまい呼吸が苦しくなる場合があります) 


_0027 _0026 _0033 _0031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

It has been adopted by military
For malaria treatment of ethnic minorities
They will patrol the mountainous region
And then I will treat malaria


マラリアの多い軍隊へもボートに乗って(セペタ地区)

 

このKNLA第7部隊では山岳地帯や密林などで暮らす村人たちにMMSのマラリア治療を行ってくださることになり そのデータを収集してくださることになりました 毎年隊員の方々もマラリアにかかり何人も死者が出ているそうです この第7部隊はミャンマー政府軍といくつかの民族軍による麻薬戦争の最前線で戦っている部隊で 麻薬類による故郷のカレンを汚染させない事とタイへの麻薬流通による途方もない資金がミャンマー政府や軍隊などに流れないように阻止している正義の軍隊であることを知りましたので 戦争反対の立場の私ですが 世界で麻薬類により とてつもない多くの人や子供まで苦しみ死んで行くのを知っているので MMSの講習を行うことにしました この部隊には病院もありますので量産できるCDS製造の方法もお教えして MMSの原料であります亜塩素酸ナトリウムとクエン酸粉末も提供し それらの原料がバンコク 中国 インドなどの会社で入手できることもお知らせいたしました


_0081 _0082


_0084


_0054


Klna


_0090

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Poplar-Chonke village

 

Briefing of malaria home therapy

 

ポプラ村チョンケ

 

ここではマラリア検査キットの使用方法もお教えいたしました ここからは徒歩でミャンマー側に入れますので ミャンマーの人たちにもマラリア検査とMMSを与え 治療データを収集してくださることになりました


_0112


_0115


_0114


_0116


_0118


_0119


_0121


_0123


_0124


_0126


_0125


_0127

 

 

グーグル地図

https://www.google.com/maps/search/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B1%E6%9D%91/@16.4981148,98.6443905,174m/data=!3m1!1e3

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Van Mepa village

Briefing of malaria home therapy


バン・メーパ村

 

マラリアの危険にさらされる地域だけあって主婦の方や学生の方も多く 真剣に聞いてくださいました

 

_0037_0040


_0041


_0043


 

 

グーグル地図

https://www.google.com/maps/place/%E3%82%BF%E3%82%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD/@16.7523965,98.5710501,17z/data=!4m2!3m1!1s0x304d8df747424db1:0x9ed72c880757e802

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Mepa village

Briefing of malaria home therapy


メーパ村

 

ここのご主人がMMSに関心を示してくださり その後いろいろなところへこの情報を伝えてくださいました 子供たちにも理解しやすいMMSの講習を真剣にノートに取っていました

 

_0129131


129


132


133


134


">

 

グーグル地図

https://www.google.com/maps/@16.748694,98.587511,3a,75y,141.57h,85.27t/data=!3m4!1e1!3m2!1skUMIjX5ofXOBgQUY4NktVA!2e0

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Patong Pe village

Of people working in farm
Briefing and treatment of malaria prevention

 

パトン・ペ村

 

ここは地域で1番大きい農園 ローズファーム社の テレビにも時々出演されるパラドン社長さんがMMS講習会の噂を聞きつけて 農場で働く方々が毎年雨季になるとマラリアで苦しみ仕事が出来なくなるというので個人講義をしました この方はタイ北西部で1番といわれる農園主で広大な畑を運営しており そこで働く多くの移民の方々などの健康管理をMMSで行い 効果があれば タイ保健省 政府機関 あらゆるところに影響力がありますので力を貸してくださることになりました

 

 

238 237


256


257


241


247


266


272


281276277275


 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Fenamuna Village

I was taught in school classes
Treatment methods and prevention of malaria

 

フェナムナー村

 

こちらの学校は孤児やミャンマー側からの子供たちも含めて全寮制で生活しています 食事も子供たちが作り 年長の子供が年下の子供たちの面倒を見ています 毎年雨季になるとマラリアが多発するので 是非MMSの講義を先生と子供たちに教えてほしいと校長先生に言われて行いました ここでも子供たちは熱心でした 最初に MMSは非常に簡単で子供でも覚えやすいということを話していますので どの子も理解しました


_0140 _0142


603


606


602


621


630


637


648


659


664 _0139


 

 

グーグル地図
https://www.google.com/maps/@16.417865,98.673903,3a,75y,229.17h,87.72t/data=!3m4!1e1!3m2!1s_Q0tQjxpp_-KEmPphcIaTQ!2e0

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Doctors Maesot and Myanmar were gathered
Understanding and working with CDT = chlorine dioxide therapy
Information was spread by it

その他にも東さんとスィートさんの孤児院 サンシャインホームでも行い ミャンマー側からの医師やメータオ・クリニック関係の方々も参加しました この方々のおかげで今回の活動では 色々なところからの講習会のお問い合わせが増えました 彼らもMMSのA~Zまでを学びましたので独自で治療活動や講習会が行えるようになりました

 

 

_0144


_0147

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

School teachers also heard the explanation

 

スィートさんのお友達のスザンナさんは学校の教師ですので学校でMMSを教えるそうです スザンナさんは喘息なので その使用方法を教えてCDSを その場で使用しました 喘息の場合は非常に慎重にはじめなければなりません 過去日本で経過が良いと言われる喘息の方々がいましたが2名ほど好転反応が強く出てしまい呼吸困難になった方もいました ですので慎重に1滴からか または その半分を捨てて水を足し0.5滴分から初めて様子を見なければなりません この方は呼吸が楽になったと言っていましたが 滴数を上げて行き3日目で呼吸が苦しくなったので 3日から1週間ほど休んでから 再開して2滴を継続して行き なれたころから滴数を徐々に上げて行く方法を取ります

 

 

547


550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Briefings CDT
Doctor of 5 people were gathered from Myanmar

 

ミャンマーから5名の医療関係者の方々を交えてNLD事務所でも行いました

 

 

154


_0149

 

 

 

 

 

 

 



 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回この活動にメーソートに住む日本人 東さんとカレン人の奥様のスィートさんには全面的にご協力をいただき これらが達成できました 心より感謝いたします   奥様のスィートさんはご家族の何人かがマラリアで亡くなられており 当初この活動とMMSの情報をお伝えしたときには大変喜んでくださり 「 このような情報を待っていました! 」 と言ってくださいました  この言葉は実際にマラリアの危険の中で過ごされ同胞が毎年マラリアで亡くなる当事者にしか判らないものです  ですのでみなさまも支援をする時には実際に苦しみ困っている方々と直接か または確実に行き渡るように注意と考慮が必要です  そして その場限りの支援ではなく その方々が自立できるような仕組みや情報 方法などを提供することも必要です

 

 

 
 

東さんは日本のテレビ [ 世界なぜそこに日本人 ] 

http://www.tv-tokyo.co.jp/nazesoko/backnumber/130823.html 

で ご紹介されたように 現在は8人の幼児の孤児を どこからの支援もなしで私費で育てています

 

名前は [ サンシャイン・ホーム ] です 

https://www.facebook.com/pages/%E0%B8%9A%E0%B9%89%E0%B8%B2%E0%B8%99%E0%B8%95%E0%B8%B0%E0%B8%A7%E0%B8%B1%E0%B8%99-Sunshine-Home/681696245186878

 

 

   

約1ヶ月ほど滞在させていただいた私から見て東さんの日常は生後7ヶ月から2歳半の8人の子供たちの世話で夜中でも起こされる毎日でした 朝は早くから夜遅くまで休むまもなくオムツの交換 各自調整したミルク 食事などの世話以外に 日本語 英語 タイ語などによる童話や絵本を読んであげたりと 日本ではたった1人の子育ても出来ないで育児ノイローゼになってしまい問題となっているのに 強靭な精神と意志力だと感じました  そんな中今回の私の活動に全面的にご協力くださり ない時間の合間を縫って 活動の調整・手配 通訳・翻訳 ドライバーなど他にも必要なものの調達 毎回の食事などもお世話になりました 私の出来ることは少しでも子供たちと過ごして 東さんの時間を作れるようにしたいという事でした  私には子供がいませんが初めて赤ちゃんを抱いたりミルクを上げたり 歩けるようになった子供たちと過ごした楽しい時間は忘れられないものになりました まるで自分の子供のように感じていました  帰国しなければならない私には この子供たちが生きていくために 出来るかぎり日本で このサンシャイン・ホームの支援を呼びかけることだと感じました   奉仕を行うものにとって 同胞である東さんが絶え間なく愛の奉仕を与え続けている間 私も同じように1秒も忘れることがないように その思いに集中し続け行動しようと感じました

 

東さんはサンシャイン・ホームに気軽にどなたでも来てほしいと言っていました 「 ボランティア気分で来られるのであれば とてもココはハードルの低い場所で なんら技術や資格 経験など必要としなく 言葉も日本語が通じます  子供たちと楽しく過ごしていただければいいのです 」 と   そしてここには きれいなゲストハウス ( 5畳ほどの客間 ) が3つもありシャワートイレが付いています (下のビデオでご覧ください)  私の前には 高齢のご夫婦がテレビを見て日本から来られて滞在されたそうです  東さんは無料でもいいですよ と言いましたが どこからの支援もなく奥様が働いて東さんが子供たちの面倒を見る個人孤児院の財政は苦しいと察知しましたので メーソートのホテルで泊まるならば ここを利用してホテル代を寄付に回そうという気持ちのほうが良いと思います それでも子供たちのミルク・食事・おむつ代などに役立てられますので助かります 食事も日本人風にアレンジしてくださり提供してくださいます  今回私の場合はマラリアの撲滅活動ということで観光ではなかったのですが 東さんは20年この地にいますので いろいろな場所や事情をご存知で観光スポットやサバイバル体験など豊富な経験を提供してくださいます  もし観光ツアーなどで支払うお金を この施設に寄付すれば子供たちが助かります

 

  

是非 皆様も また お友達もお誘いの上 メーソートの観光を楽しみながら 実際の支援につながるサンシャイン・ホームに行ってみてくださいね  また 多くの方々に支援の呼びかけをお願いいたします 


東さんへの連絡はフェイスブックのメッセージからどうぞ
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003312526705

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンシャイン・ホームを助ける会を作りました!

https://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/maesot2.aspx

 

皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

メーソートへはバンコクまで6時間 安い航空チケットでしたら往復で4万円台からもあります 飛行機の時間が長いのが苦手という方には香港経由などで行かれますと3時間 3時間 経由地の空港で食事や買い物も出来 とても楽です バンコクからメーソートまではトイレの付いているきれいな観光バスで5時間 1300円ほどで 国内線の飛行機ですと1時間ほどで到着します5500~9000円くらいです メーソートの空港とバスターミナルは ほぼ隣接しており その場所まで東さんが迎えにきてくれますがタクシーでも15分くらいのところにサンシャイン・ホームはあります  *バンコク到着後1泊してからメーソート または 日本に帰国の場合は空港近くのホテルや空港までの交通が便利なホテルが多数あります 中級ホテルで2000円くらいからあり 格安の個室ホテルでしたら1000円くらいです それらのホテルに行けるようにアドバイスや手配などのアレンジもしてくださいますので なんの心配の不要です  タイは治安がとてもよく メーソートも安心して過ごせます メーソートはバンコクよりも涼しく この時期から数ヶ月間はクーラーなしで過ごせます


グーグル地図/サンシャイン・ホーム
https://www.google.com/maps/place/%E3%82%BF%E3%82%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD/@16.7528411,98.6004817,21z/data=!4m2!3m1!1s0x304d8df747424db1:0x9ed72c880757e802

 


_0068_0069


_0073


_0072


_0071


_0065


_0067


02_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サンシャイン・ホームの裏にある湖

毎朝 歩いてココに来ました とても気分のいい場所です

https://www.google.com/maps/@16.75536,98.603211,3a,75y,41.05h,76.81t/data=!3m4!1e1!3m2!1su0BmOYsODSDx3Vpx3XF-YQ!2e0


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メーソートから数十分の場所にあるきれいな温泉

 

高級なリゾート温泉のようなふいんきですが80円くらいでした のんびり出来ます

 

808mts_0001 441 807mts 808mts 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

地図
https://www.google.com/maps/@16.437914,98.659691,3a,75y,89.2h,76.84t/data=!3m4!1e1!3m2!1s9FCLDnl5Za-jNOthholyBw!2e0


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この地方ではオートバイと車の免許がなくても運転出来ますのでレンタルバイクを借りるといいです 移動や買い物に便利であちこち見ることが出来ます

 

015


017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェイスブック写真
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10203268422544067.1073741907.1614612628&type=1&l=bdc78c4ec1


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の活動は最も重要な活動でした

マラリアの多発する雨季に入る前のメーソート近郊でMMSを800本 10ヶ所の村や地域で配備できたことは 今後多くの魂の同胞であります人々の命を救い守ることが出来ます  すでに2名のマラリアの方がMMSだけで回復したとの報告を受けています 今後雨季に入りマラリアが多発したときにはMMSが大きな働きを見せます

 

 

 

この活動を支援してくださいました

 

 

*NPO郷学の里 http://www.kyougaku.jp/

 

*サンシャイン・ホームの東さんとスィートさん

 

今回デング熱に効果がありましたCDSの研究に協力くださいました MMS沖縄 http://mms12.jp/index.php?FrontPage

 

そしてMMS支援者の皆様

本当に ありがとうございました

 

皆様のご協力で この活動が達成できました

心より感謝をいたします